SEO対策コンサルティング

検索エンジン別対策

 

  •            59.9%
  • 日本の最大ポータルサイト。1日のPV(ページビュー)は数億に及ぶ。公式の情報にたどり着きやすい為、初心者や女性ユーザが多い。 カテゴリ登録のビジネスエクスプレス(有料52,500-〜)を重要視している。 検索エンジンはYST(Yahoo Search Technology)
  •  27.4%
  • 世界シェアはNo1。 ドキュメントなどテキスト情報分析に長けている為、 IT関係者や男性などインターネットヘビーユーザーに利用されている傾向がある。 最近では検索ロボットだけでなくgoogle Earth等、様々なポータルサイト的な要因となるサービスも多く展開している。
  •  6.1%
  • 本家 google.com のサイトからの検索。Firefoxなどプラグインの設定により google.com が使用されることもあります。
  •  2.0%
  • NECが運営する大手プロバイダのポータルサイト。NECのPCにはビッグローブがブラウザの初期設定となっているためかプロバイダの中でもNo.1のアクセス数を誇る。検索エンジンはgoogleを使用。
  •  1.5%
  • マイクロソフトが運営するポータルサイト。最近は少しユーザーの減少傾向が見られる。検索は独自エンジンを使用。
  • 1.4%
  • NTT系列が運営する大手プロバイダ。Yahoo!BBに次いでの会員数を誇る。検索は同じNTT系列であるgooのロボットを使用している。
  •  0.9%
  • インターネット創世記はかなりの人気があった大手ポータルサイトで、Yahoo!Japanと人気を二分するほどのかなりのシェアがあった。現在検索エンジンは独自エンジンを使用。検索結果はgoogleと非常に似通っている。
  •  0.5%
  • インターネット創世記よりある老舗プロバイダのポータルサイト。検索エンジンはgoogleを使用。
  •  0.2%
  • 完 全独立型のポータルサイト。昔から様々な技術を駆使した新しいサービスを次々に展開している。検索エンジンは昔から独自エンジンを用いたり様々な入れ替わ りがあったが、現在は独自エンジンを使用している模様。クロスレコメンドという大手プロバイダが使用しているカテゴリ登録も運営。
  •  0.1%
  • Googleのエンジンを使用。